35歳からの後悔しない転職

書くだけで納得のいく働き方が見つかる!!【35歳からの後悔しない転職】

こんにちは。

コウノです。

今日もコツコツ書いていきたいと思います。

書くだけで納得のいく働き方が見つかる!!【35歳からの後悔しない転職】

35歳からの後悔しない転職

日本の労働市場は転換期を迎えつつあります。

新卒一括採用が疑問視され、年功序列終身雇用形態はなくなり、

さらにはリモートワークやフレックスタイム制といった自由度の高い働き方も広がり、

労働形態が多様化する一方でその影響もあり、

転職マーケットの規模も大きくなっているが、

こういった状況が転職の成功確率を高めるえられるかと言うとそうではない状況です。

 

もちろん需要の高いスキルを持っていれば良いが、

実態は中途採用でも若い人なの止められているケースが、

圧倒的に多いという30代~40代のベテランとなればそう甘くはないのが実情です。

 

著者はミドル世代の転職を専門とするコンサルタントであり、

1万人以上の原作者経営者への取材経験を持つ

どんな転職のプロフェッショナルが培ってきた方です。

 

30代半ばの社会人、人生これからの20代や現役バリバリにとってもおすすめの本です。

本書の要点

要点1

自身のキャリアについて真剣に考える。

要点2

なりたい自分を見つけるには、10年後の自分を想像してみると良いです。

過去を振り返って得意だったことや褒められたことを思い出すと自分の強みを見つけやすい。

要点3

会社選びでは自分なりの優先順位と価値基準を基本にする事が大切です!

望みを全て叶える転職は難しいので、

優先順位ををクリアする会社を探すようにしたいですね。

人生の折り返し

ようやく人生の折り返し地点に来ました。

人生100年生きると言われても、35歳はキャリアの折り返し地点です。

長くとも80歳ぐらいまで生きると考え、後半ペースも落ちるので、それぐらいが妥当です。

凛として働くのは40年余り

凛として働けるのは40年余りと実は短いだからこそ常に自分の現在地を把握しておきたいですね。

たとえばあなたが現在35歳なら加速時の折り返し地点にいることになります。

残りの加速時の10年をどう過ごすか人生を有意義なものにしていく方法を考えなければならない。

人生の舵取りができているか

自分で人生の舵取りができているかとの問いに真っ正面からイエスと答えられる人は意外と少ないと思います。

上司とそりが合わない、希望しない異動を命じられた場合など、このように人は自分以外のものに責任を与えられる事があります。

私も人がやりたくない何百社を一人で持つという事がありましたし、

ミス連発してマジで自信ない時が数年前ありました。

社会では新卒一括採用に納得のいかない評価など自分の意思とは別のところで自身の行く末が決まることも多いです。

常に誰かにしてもらう立場に立たされており主導権を握る機会が少ないといえます。

でも言われた通りにしていて、何も考えずにいても人生も転職もうまくいかないと思います。

ではどうすればいいのでしょうか?

転職で成功する人の共通項として与えられた目標で満足しない人という点があります。

 

例え会社を変えたからと言って自分が変わるわけではありません。

本当の自分を見つけるために、これから10年後の自分の転職でキャリアを切り開くために、有効なのが、10年後の自分を想像してみることだと私は思います。

ってわからないのに10年後なんて分かるわけないと思うかもしれない。

そんな場合はまず10年前を振り返ると良いと思います。

昔私は大学生の時26000円のアパートに住んでました。

その後に42000円のコンロなし、風呂・トイレ一緒のアパートに引っ越しました。

その後に81000円のマンションに引っ越しました。

この前たまたまFacebookに写真が上がってて、コンロ一個のマンションでも喜んでたのを思い出しました。

10年前どんな仕事をして、

どんな成果を出し、

どんな課題を抱いていたのか振り返ると、

何かしらの気づきを得られます。

さらに10年という月日が粘り強く頑張ろうと思わせてくれるはずです。

また、10年というのは同じような流れで進む可能性は高い。

たとえば2000年前後であれば、2000年問題やアメリカテロ、ITバブル崩壊などがあります。

また、2010年前後であれば地震がありました。

2020年であればコロナがありました。

理想の10年後に向けて足りないものがあれば、それを把握し未来を想像しにくければ、

3年後にどうなっていたいかをリアルに考えてなりたい自分を見つけましょう。

 

なりたい自分が分からない場合はどうすればいいか考えましょう!

それでも難しい場合は、自分の人生をエピソードで振り返ってみると良いです。

小学校の頃、大学時代、新入社員時代、

それぞれに酸いも甘いも色々な経験があると思いますので、

それを活かしましょう!

そして、その中で自分が得意だったこと、

褒められたことを思い出してみましょう!

そうすることで自己への信頼を覚醒させ、

自分の存在価値を再認識できる自身の強みを認識していることの効果が大きくそれが不安に打ち勝つ原動力となるはずです。

強みは大きく四つに分けられます。

・自分も他人も知っている強み

・自分が知っているが他人が知らない強み

・自分は気づいていないが他人が知っている強み

自分も他人も気づいていない強み

このフレームワークはジョハリの窓と呼ばれ、

自身の長所を知る上でとても優れたツールとなります。

 

もし、漠然と不安を抱えているのであればそれを紙に書き出してみるのも効果があります。

仕事、家族、人間関係などカテゴリーごとに不安を明らかにしていきます。

そして自らコントロールできるものとそうでないものを区別し希望すると有利になります。

 

自分の能力を過信しない

今の会社で成果を出せているからといって他の会社でそれが通用するとは限りません。

自分自身の能力を過信する認知バイアスはダニングクルーガー効果として知られています。

能力不足の人ほどこれに陥りがちです。

ポータブルスキルについては厚生労働省が掲げる構成要素を参考にすると良いでしょう!

具体的には専門技術仕事の仕方人との関わり方から成り立ちます。

なお、単純にあれができるこれができると伝えても、価値は認められなければ意味がないと言って良いです。

自分はこんなことができて実際にこんな収益をあげられるというアピールの仕方を意識すると良いでしょう。

自分なりの価値基準理想の仕事を考える際には仕事を通じて何を大事にしたいのかを明確にし、新卒の就活では就職人気ランキングのような正解を意識して生きていこう。

しかし、中途採用市場はそうではないです。

どこの会社で働くかよりも何をするかが重要です。

なんだったら転職活動をするよりも、

この価値基準が明確になっていると軸がぶれなくなる会社の業績が悪化しているが企業だから大丈夫業界の将来が厳しい。

いつか交戦するだろう。

自分なりに収入との向き合い方を考えた方がいいと思います。

現職の収入が上がるのか下がるのかというのは多くの人にとって最大の関心ごとだろう。

できれば転職してすぐに年収を上げたいがそこに固執するのも考えものです。

そもそもまだ実績を出していない会社での初年度年収は、

現在の会社からもらっている年収とは、

単純に比べられない加えて、

能力以上に高い給与でスタートすると周囲の目も厳しくなり、

プレッシャーがかかります。

 

現在の収入を松竹梅の基準で考えよう!

現在の収入を松竹梅の基準で考えて、

それより10%低い金額20%低い金額を埋めぐらいにすると、

そうすれば給与に対する向き合い方が変わってくると思います。

 

転職のリスクを把握し、キャリアの方針を持つ転職にはリスクがつきものです。

しかし、リスクがあるからといって何も行動しないのは本末転倒である。

転職をしたいけど何となく不安だという方は自分にとって最も起こってほしくないことは何か考えよう。

それはどういう場合に起きてどれぐらいの可能性で起きるのかを洗い出してみるといいです!

そうすると不安が可視化され、自分にとってのリスクを把握できると思います。

35歳からのキャリアを考える上で重要視すべきなのは、自分自身のキャリアをどうしていきたいのかと、三十代半ば自覚する事にあります。

程度の経験を積み、これからやりたいこともある。
程度見えてきている年代が立ち止まって自分が求めている幸せがどうすればいられるのかを考えてみよう。

誰かの規定した成果を追い求めるのではなく、自分自身にとっての正解を見定めること現職において最も大切なことです。

35歳からの転職思考について

現職のパターン現職には大きく3パターンあります。

現職での満足度が高い場合、

やむを得ない場合

・卒業や労働環境が厳しすぎる。人間関係などが嫌で辞める場合

会社の方針に違和感を覚える方のみが

いずれのパターンであっても安易な転職は禁物です。

35歳前後は転職市場で需要が下がり始める年代です。

なんだったらむしろ自分でやった方が良い年になってきます。

だからだして年をとるごとにその傾向は強くなるて会社を辞めてからの可能な限り避けるべきです。

収入が途絶えるのは精神衛生上良くないので、出来れば今の仕事を続けながら転職活動を行いたいですね。

でも、私は志を持って全力で仕事する事が大事だと思いますよ!

また最初の段階で業界や業種を絞らないことも重要です。

それほどか落としても可能性を広げるために間口を広くすると良い。

あれも欲しい。
これも欲しい。
というのを見たく転職は現実的にはなかなか難しい。

優先条件を決めておいて、

優先順位の高い水さえクリアしていれば後は目をつぶるというのがオススメなミドル転職を成功させるためのキーワードです。

35歳からの転職を成功させる上で気を付けたいキーワードが見つかります。

それは今ここ自分思考がそれぞれ簡単に解説しよう今というのは転職後すぐ高待遇を求めてしまうことを意味する入社段階から前職収入を超えたい転職してすぐに部長以上の役職に就きたいなど今にこだわってしまうと危険である。
ことはこれまで携わってきた業界や職種にこだわることを指すここまでやってきたんだからという気持ちが強すぎるとせっかくの可能性を潰しかねない自分思考とは自身の能力を固定的にとらえないと言う特に経験値が高い人にありがちで気づかないうちに自分で自身のリミットを決めてしまうことも多々ある。
歌がジョハリの窓で言うところの自分でも気づかないって女誰にでもある。
のでこれまでのキャリアとこれからのキャリアを切り離して考え周囲の人間や就職コンサルタントに相談することで自身の価値を過小評価せず客観的に把握するようにしたい一族の爪今働いている会社に100%満足していると答えるビジネスパーソンがどれくらいいるだろうか個人的な直感としては1割入れば同じではないかと思う多くの人が何かしらのうまいや課題を抱えながら働いているのではないだろうかそれ自体は別に決して悪いことではない向上心の表れとも言えるしより高みへという思いは大切である。
かが間違ってはいけないのは転職が目的ではないということだ原色はあくまで人生をより良くするための手段の一つである。
本書はその心理を誠実に教えてくれる将来漠然と不安がある。
なりたい自分が見つからないそんな悩みを抱えている方は本書を読むと解決の糸口は見つかるかもしれない


読んでいただいてありがとうございました
それでは今日も明日も引き続き頑張っていきましょう。

ではまた

つぶやき
twiiter

運営サイト

筋トレ
トレーニングで人生の問題は大体解決できる!

まとめ
ライフハックマガジン

岡南建設
岡南建設

転職ハック

[showrss]
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。